2006年09月27日

行きたいところが


みつからない。

そもそも不精であんまし旅行が好きじゃない・・・
のんびりしに行くならいいんだけど、観光地はめんどうなんだよなぁ。
国慶節の旅行ってすごくパワー要るし何でも連休価格で値上がりするしさー。

とはいえ、1年一回の親孝行。
母上がいらっしゃるので、何か考えなくては。
わたしは北京に行きたいけど、これは毎年行ってるし、母上と行くと友達とゆっくり飲んだりできないのでだめ。北京で観光すんのもなぁ。街をうろうろするほうがよっぽど面白いし。

青島は去年行ったし。
丹東とか?
ううう微妙な距離だしバスとか汽車いやだ。一人ならいいけど彼女をケアするだけで疲れるもん。
最初は桂林にしようかと思ってたんだけど、さすが有名観光地。なんでもやたら高いうえに直行便がねえ。

ああもう来週だよ。
やばいよ。
時間ないぞ。
どこへ行く・・・
posted by akanas at 03:16| 大連 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

秋の虎さん


中国語で厳しい残暑を「秋老虎」と言うのだってさ。

9月に入ってからも結構暑くて、朝夕は涼しいからわたしは別にへっちゃらだったんだけど、大家さんが風邪を引きやすいわたしを心配して季節外れなコヤツを持って来てくれた。

senpuuki 001.jpg

色も形もなんとも懐かしい風情で結構気に入ってる。
動きは少しスローモーで、扇風機としては引退間近な様子なんだけど、大家の張老師(大学で英語教師をしているおばちゃん)がわざわざわたしのために中古を探して来てくれたのが嬉しいから、時々ゆる〜い風を楽しんでるんだ。

お腹の痛みもどこへやら、週末は連日朝4時まで飲んでいて、またまた可愛い女の子と二人ほど友達になった。彼女いわく「女の子に人気あるでしょう?」だってさ。そう、確かに最近めっきり男子に人気なし。やっぱりグラインドして踊りすぎなのが原因かな〜。ロシア人くらいしか寄ってきません。日本人の子は引くんだろうなぁ。はぁ。
久々に浴びるほど飲んで倒れそうになるほど踊ったから、へとへとで昼間はスライムのようにでろーんと過ごしちゃったよ。
そして今週から連休に入るまでは、入学と卒業と日本への送り出しとかで、激務の予感。いや、予感じゃなくって悪寒しそうなほど確実。

たっぷり働いてから連休を楽しもう!
posted by akanas at 02:39| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

活きのいい女たち


まさにそんな感じの女の子たちとちょっと遅くまで深酒。

いやーほんとこの2年、男の子とはロクな出会いのないわたしだけど、知り合う女の子たちは本当に面白い素敵な子達ばかり。

ひっさしぶり大笑いした感じ。

笑うといいよね。

なんか元気出るもんね。

よっしゃ!やってやろーじゃんって。

でもねぇ・・・お腹痛いんだしくしくと。
盲腸じゃなきゃいいけど。
何となく覚えがある痛み。
posted by akanas at 01:21| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

こういう忙しいはいいな

bar.jpg

なかなかくつろげるBAR。
冷たい青島ビールで久々にnontackとおしゃべりする。
nonは優しいからいろんなことが心配みたいだ。
わたしは彼女に比べて何と自分勝手でマイペースなことか。

kimono.jpg

最近、週末やら何やら頑張ってきたイベント。
まぁ成功と言っていいのでは。
やっぱりイベントに向かって何かするのは好きみたい。
とっても疲れたけど充実していたと思う。

live.jpg

夜はイタリア料理屋さんの記念パーティー。
お目当ては太田惠資さん。
いやいや、素敵なヴィオロンで。
高瀬麻里子さんの声も気持ちいかった。
わたしの席からは全く持って見えなかったんだけど会場中に響きわたる吉見征樹さんのタブラも、もちろん。

たまには文化的なこともいいわね。といった週末。
posted by akanas at 23:02| 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

効き過ぎでちょっと怖い

kazegusuri.jpg

また風邪。
流行っていると必ずもらってしまう。

今回は生理痛とものもらいも再発してしまうし、歯も痛いしできつかった。
抵抗力が落ちていたんだねー。きっと。
最初は漢方系の薬いわゆる「国薬」を飲んでいたんだけど効き目がソフトすぎて中々治らないのでいつもの薬に変更。
やっぱこいつは効く。怖いくらいだ。
1日飲んだだけですっかりよくなった。

良かったよー。
今週末は色々行事があって大変なんだ。

夜は出張サトルマンとサムゲタンを食べてきた。
なんとく風邪に良さそうでしょ?
posted by akanas at 23:28| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ブルースマン

MW.jpg
Muddy Waters Can't Be Satisfied

初めて聴いたのは、17歳の時。
生まれて初めて人生をしんどいと思った時。
でもきっとその時のわたしにはわからなかったんだ何もかも。

中国のすごいとこは、こんなマニアックなものもパイレーツで出てるところ。

これはMuddy Watersのサクセスを描いたドキュメンタリー。
残念ながら字幕はなし、繰り返し見ないと南部訛りがきつくてよくわかんないところもたくさん。辞書片手に久々真剣に見た。
今まで勝手に持っていたブルースに対する「おっさんが聴くもん」というイメージが打ち破られて、そのギターの厚みのある音にグッと来たんだ。当時のわたしは。
今も、これからも。

このDVDはあくまでドキュメンタリーだから、通したLIVE映像がないのが残念。
1曲でもいいから、通して見たかったな。
ファッションもアートワークも、この当時のって本当に格好いい。

アジカンのゴッチがなんかのインタビューで「自分たちが十代の子の音楽の入り口となって色んな自分が影響が受けた音楽を聴くきっかけになればいい」(うろ覚え)ってなことを言っていたんだけど、わたしも Street Sliders → The Rolling Stones → Cream etc. → Blues etc. → Black Contenporaly →Reggae ・・・・∞ と進んでいった。
色んなルーツをめぐって、自分の好きな音ってのが見つかって聴くのが楽しくてしょうがなかった。
いまはNETで何でも調べられるんだけど、当時はんなもんないからさ札幌の中古レコード屋とか通って探すの。中古レコード屋も今みたいに種類もなくってさ。札幌は地方都市だしね。
高校生のわたしのお小遣いには値段も高くってきつかった。
こういう初期衝動みたいな感覚って、なかなか忘れられないね。
初めて聴く、わくわくする瞬間。
これが病みつきになって、そして自分が音を作る道を選ぶ人もいるんだろうな。
わたしは演奏はセンスなしだから、いつでも最高の気持ちで受け入れるいいリスナーの道を選んだわ。

今はぐっとくるもんは何でもOK。
でもこのぐっとくるを結構大事にしてる。
posted by akanas at 01:06| 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

おせっかい

会社で隣の席の女の子が最近彼氏と別れたの。

まぁちょっとヒモ入ってるような彼氏だったから、別れが辛くてもこれ以上は彼とはやっていけない!って決断したみたい。

「ねぇakanasは、今まで何人と付き合った?」
いや、多くはないと思うよ。平均的。
「平均って?日本人はたくさんでしょう?」
んんんん・・・中国での平均は一人か二人だよね?それよりは多い。
「ふーん。じゃ10人?」
いや、たぶんそんなにはいない。
「へぇー全部覚えてる?」
それは当然。数えはしないけど。
「初めてはいつ?」
中3かなぁ・・・
「うそ!早いね!それはどのくらいの付き合い?」
え?どのくらいって・・・まぁ手をつないで帰ったりくらい?
「そっかぁ・・・うちは親が厳しかったし、彼が初めての彼氏だったんだよね」

彼女くらいの年代(今年26歳)は、親が受験に敏感でみんないい子ちゃんしてたみたい。
今どきだと、きっとそれなりにドロップアウトしてる子もいるだろうし、いちゃいちゃする高校生カップルも見かけるから、もっと進んでると思うけど、やっぱりこっちの子は「恋愛=すぐさま結婚」が多いね。結婚が人生の一部分で、まっとうな人生のためには必要不可欠。

結婚の条件を考え始めると、途端に恋愛って複雑で難しくて、純度を欠く様な気がしちゃう。

まぁわたしもそうそう言ってられないけどさ、会社の同僚はお年頃の未婚が多いから、いつもすぐ結婚の話になるんだよ。
もう面倒くさいから「興味ない」って通してる。

「へぇーどうして?」だって面倒じゃん。
「親が可哀相だよ」大丈夫弟が一回結婚してるし、ママもバツ一だし。
「だから日本は少子化なんだよ」余計なお世話。
「いい人紹介しようか」自分が先に何とかしろよ。
「中国人がいいよ!優しいよー」彼氏のいないあんたに言われてもな。

と心の中で日々つぶやいて遣り過ごす。
posted by akanas at 02:18| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失恋ソング

WAVE.jpg

YUKIちゃんの「joy」は、前の彼氏に別れ話を切り出された時に聴いていたから辛くて、それ以来あまり聴けなくなっちゃった。

今度アルバムは、
今までのより外に向かってる気がする。

イメージは夏。
初夏。

水玉のサマードレス、ホースからの水しぶき、泳ぎ疲れただるさ、海水の滴る洗うのめんどくさくて放置したままの水着&浮き輪・・・そんな映像が頭に浮かんだ。

あ〜!
恋するのって素敵なんだろうな。

無鉄砲で何でもできちゃって、それが許されていた頃。

いつまでも女の子で許されるように、可愛らしくいたいんだけど、そういうキャラじゃないんだなぁ。昔っからね。

窓開け放って、ドライブしたいなぁ36号線。
posted by akanas at 01:44| 大連 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これじゃないし

あれじゃないし。

そう言ってるうちに、もう30過ぎ。

親のことを考えると(最近は元弟嫁からの毎日のような電話&メール攻撃、骨折、膀胱炎、極度の便秘で大変らしい)、近くに住んであげたほうがいいのかなぁ、あれやりたい、これやりたいってやりたいことはたくさんあるけど、別にどれもこれもたいしたことじゃないような気もするし、北海道に帰ったほうがいいのかなぁ・・・

とか、

いやいや、やりたいことや楽しいことには目がないんだもん。
住みたいところに住んで、毎日、わくわく暮らしたいんだもん。

とか、

年相応に落ち着くべきなんじゃないだろうか・・・見合いでもする?

とか。

とめどなくぐるぐる考える。

どんなに人から見て幸せそうな人も、
どんなにうらやまれる人でも、
大きな家があっても、
素敵な旦那さんが居ても、
遣り甲斐のある仕事があっても、
きっと心の中には色々抱えているんだろうな。

YUKIの「ふがいないや」の最初の歌詞

わたしが生まれた朝 街 雪の中に埋もれた

っていうのを聞いて、ああ北海道に帰りたい。

久々にそう思った。

北国は秋になったら、あっという間に冬。
わたしの生まれた朝は、どんな朝だったんだろう。
posted by akanas at 00:52| 大連 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

何度目かの別れの季節

今日でお店長たこやが最後なので、
ちょっと顔出してきた。

Pちゃんが色々遊びに誘ってくれたから、たこやとも結構色んな話をしたけど、新しい人とはそうはならないだろうな。益々足は遠のきそう。

たこやはパパになり日本で初めて働くんだってさ。
秋篠宮さんとこと同級生じゃん。
今年は出産、多いよ。
しょうこ、Pちゃん、たこや、同僚のOさん、SホテルのKさん・・・わたしの周囲という狭い範囲で出産ラッシュだな〜


これで今月二人目のさようなら。
あとはユルユルくんもだ。

みんな元気でね。
あーあ、これだから外国って面白いけど寂しいな。
posted by akanas at 00:03| 大連 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。