2006年11月17日

戦わずして


勝つ。

外国で暮らしてると、
まぁ必然的にお役所に登記したり、
届出関係でお世話になることがある。

また、レストランやホテルで、
コンプレインすることもあるし、
市場で値切り交渉することもある。

様々な交渉せざるをえない場面があるわけだけど、
そういう時に、以前の私だったら、

はぁ〜?
何言ってんの、こっちの主張が常識!
グローバルスタンダードでしょ!
あったまおかしいよアンタ!

ってブチぎれることが多かった。


でももう5年目に突入して、
ある種のコツが見えてきた。
今でも大声を出して暴れることが功を奏するときもあるけど、これは芝居だからフォロー役の中国人とセットの時だけ。

戦っちゃダメだ。
相手の主張に巻き込まれて、
交渉ごとは長引くし、
主張が通らない確率が高い。


こういう時こそ、相手の話にじっくり耳を傾けて、出方を見る。
全く関係のない無駄話も根気良く聞く。ここで短気になっちゃダメなんだ。
愛想良く相槌を打ち、あくまであなた個人に恨みがあるわけでないことをアピールする。

その後、こちらも弱者であり、困っていることを伝えると、
あっという間に思い通りの方向に話は転がり始める。
きっと女であることも相当に役に立ってるとも思う。

今日も派出所と公安にちょっと用事で行ったんだけど、関係機関に電話を掛けてくれて地図まで持たされて、終いには玄関までお見送りされ、タクシーまで拾ってもらい、何かあったら俺を訪ねろよと言葉を掛けられた。

情け。
そんな簡単なもんじゃないけど、本当にこちらの皆様は情に厚い。

それを逆手にとるわたしは腹黒日本人。いひひ。
posted by akanas at 01:58| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

老頭


中国語で「おじさん」
まぁ侮蔑的意味もあるので、正確に言うと「おっさん」「おやじ」かな。

会社の先輩。
人生の大先輩とも言うべきかな。
貫禄があって、笑顔も魅力的。
とても温和でユーモアもあって素敵な愛すべき老頭。(もちろん心の中での呼び名。あえて「叔叔」ではなく「老頭」と。人生の先輩、親分って感じかなぁ)

わたしは彼と話すととても落ち着くし、色々な話を聞いてみたく、また聞いて欲しくなっちゃうんだ。

昨日も仕事が終わった後、30分ほどおしゃべり。
話題は他愛もないこと。
中国の漢方薬の効能について、また煎じ方について、現在の機械設計や中国の大学生について、結婚の意義や幸せの個人的定義について、大連の不動産適正価格とは、中国人男性の料理観・・・
ほんの30分ほどで多岐にわたる楽しい話題でニコニコと話してくれる。

ほんと、こんな父親がいたら幸せだったろうなぁ・・・と夢想してしまった。
posted by akanas at 00:51| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

道理


わたしの通勤バスの運転手さんは半分くらいが女性。

朝も帰りも、定時どおりだと激混み。
ぎゅうぎゅうに押されながら乗り込む。
割りに女性の運転手のほうが仕事熱心なのか、ぎりっぎりまで乗せこもうとする。
今日も次のバス停に着いた時、運転手(女性)が大きな声で、

「もっと内側に詰めてー、あなたたちが乗れたのは他のお客さんが一歩詰めてくれたからなのよーもう一歩ずつ詰めてー次の人を乗せてあげないと道理にかなわないでしょう!!!」

ごもっとも。
でも手すりやつり革が少なすぎんだもんよ。
何もないところに立ってられるほど安全運転じゃないじゃんか。


先日は日本人(中国語は話せない)が車内でキレていた。
「ちょっとー押さないでよー」
「この人たち降りないのに何で押してくんの!」
そして降りる予定のところで「下車」(中国語で降りますの意)が言えないばっかりに降り損ねて、再び、
「ちょっとなんで降りない人がよけてくんないわけ?!」
とさ。

この路線は日本人も日本語スピーカーも多いんだから気をつけなきゃね。
あと、バスの混雑してる時は早めに降り口に移動したほうがいいよ。

「我要下車」「対不起」
くらいは覚えてから乗ろうよ。
中国人の皆様も「すみません。通してください。降ります」って言いながら通るのにさ、君らだけ「ちょっとー押さないでよー」とか「何こいつ」とか言ってんだもん。
こっちが恥ずかしくなっちゃったよ。

きっと普段はタクシーばっかりで、市民の足には乗りなれてないお金持ちさんなのかな。
posted by akanas at 21:57| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

いったい お前はどっちなんだ?!

久しぶりにセブンスターを見かけたから、おったまにはいいねぇと買ってみた。
場所は道端。

わたしは愛煙家。
でも味にはあまりこだわらない。
日本では昨今みなさま肩身の狭い思いをされて吸っていらっしゃるようですが、ここ中国ではまだまだ自由に喫煙できるところがたくさんある。
嫌煙家にとっては地獄のようなところ。



ところが封を切ると・・・・

sevenstar.jpg

むむむむ
よくよく見ると・・・

mildseven1.jpg

もっとよく見ると

mildseven2.jpg


マイルドセブンじゃねーかよー!!

というか味はどちらにも似ても似つかないものだった。
posted by akanas at 18:47| 大連 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちんだお

10月1日から中国建国記念日の連休だったので母と旅行に行ってきた。
今年は青島。

qd1.jpg

石畳の残る町並みをぶらぶら散歩したり

qd2.jpg

ドイツの古い教会を見たり

qd3.jpg

テレビ塔に登ったりしてきたよ。

とてもいい天気で気温は27度にもなった。
青島には6箇所ほどの海水浴場があるんだけど、泳いでる人も見かけた。
夏再来のような暑い旅行だった。

母はやっぱり一番楽しかったのはジャスコだったよう。
牛蒡を買ってきて大連に戻ってからキンピラを久々に食べた。

posted by akanas at 04:17| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

敬酒

「先生この半年はお世話になり・・・・・」と何らかの感謝の口上を述べて目上の人に「干杯」するのが中国的「敬酒」

先生になってから、生徒と飲みに行くと必ずこの「敬酒」が付きものだ。

「先生なしでは私の日本語の進歩はありませんでした」
「このご恩は一生忘れません」
「先生の熱意ある御指導に」
「先生わたしは今までまじめな生徒ではなかったかもしれません。そんなわたしにも先生は決して諦めず根気良く指導してくださいました」
なんて痒くなるようなご大層な・・・んなに色々言うなら日本語で言ってくれ。
そのほうがよっぽど嬉しいぜ。

それに先生なんて言われ慣れてないし「先生」と呼ばれる職業にだけはなるまいと思っていたので嫌なことこの上ないよ。(前職の際、先生と呼ばれる職業の人ほど嫌な人種はいなかった・・・教師、医者、弁護士、政治家・・・)

今日も一人で12本分くらいは飲まされたと思う。
これっぽっちでは酔いもしないけどね。

しかも「干杯」は文字通り「杯を干す」
つまり「一気」

お腹がぶがぶで食べるもんも入りゃせん。

まぁ思わぬ生徒の本音が聞けたりするから面白いっちゃー面白いけどね。

「これは何ですか?言えない人は食べれません」とか、わたしも仕返し。


酔いが回ると恋バナに。
「先生は性格が素直だし優しいから、きっと素敵な人に出会えます」とか、「どんなタイプが好きですか」とか「立候補します〜」とか余計なお世話だ、おめーら。





でも、ほんと、みんなの力を信じてるよ。
信じないと信じてもらえないもんね。
君たちはできる。
どんなに嫌がられてもしつこいと言われても、わたしは諦めないよ。
できるまで何度でも何時間でも!!!!

いつになく決意を新たに。
いつまで持つやら。
posted by akanas at 00:49| 大連 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

終バスは21時

bus.jpg

真っ暗でしょう?
帰りのバス。
フラッシュなしの携帯カメラだとこんな感じ。
これには人が3人くらい写ってるはずなんだけどね。


電気がつかないの。
乗り降りの際にも。

もちろんエアコンもついてない。
時々エンジンが熱くなりすぎて止まる。
そうすると運転席の横のエンジンボックスを開けて、
運転手さんがペットボトルの水をかける。
一気に水蒸気が出て車内はサウナに。

そんな素敵なバスで通勤してる。

posted by akanas at 23:07| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

鬼節


昨日は旧暦の7月15日だったから、
十字路のあちこちで偽物のお金を燃やしてる人がいた。

祖先の皆様に届けるお金。

同僚の黒龍江省出身の人は「うちの地元にはないねぇ」と言っていたので東北でもこの風習があるところとないところがあるんだろうね。

十字路に祖先の霊がやってくるんだって。
「鬼」は「霊」とか「幽霊」のこと。

日本のお盆みたいなもんだね。

天に召されたおばあちゃん、おじいちゃん、あーちゃん、こくぶんのおいちゃんそしてきみちゃん。
わたしには送るお金もないけれど、みんな達者でしょうか?
yumaは何の因果か中国の片田舎で日々奮闘してるよ。

こうして想い出す日があるのは素敵な習慣だね。
煩わしい日々で想い出すことさえ忘れてしまってごめんね。

でもみんなのこと今でもいつまでも大事に思ってます。
posted by akanas at 23:50| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

気に入ってる風景

bara.jpg

近所に咲く薔薇。

kinjyo1.jpg

子供のおままごとのようにごちゃごちゃと。

yugure.jpg

夏の日の夕暮れ。
posted by akanas at 01:20| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

外国語

週末に大型招聘会へ参加してきて、
思ったこと色々。

中国では今年の学生の就職率はとっても悪いみたい。

で、企業側の条件もそんなに良くなくって、
試用期間がやたら長かったり、
給与もとっても安かったり。

学生も労働法なんかに詳しくないから、
「まぁ働けるならいいか」って決めてしまう子もいるし。

わたしは学生の頃から先輩後輩の関係に慣れているし、
日本の大抵の学生は部活なりバイトなりで年上の人に慣れたり、社会って何かをぼんやりと理解したりするんだろうけど、人件費の安い中国では学生のアルバイトのスキマはあまり無く、地方からの労働力のほうがよっぽど安いのが現実。

8月から最低賃金が改正される予定だけれども、ちゃんと法を守っている会社ばかりじゃないだろうしねぇ。

でも、ここではやっぱり外国語を操れることによってチャンスの幅が広がるんだね。ってのも良く思う。

日本でもそうなのかもしれないけど、学生時代には実感なかった。
日本はやっぱりどんなに景気が悪いって言っても他国の企業や多国の経済に頼る企業以外の仕事もたくさんあるように思う。実際の生業的には頼っているんだろうけどさ。日常の業務では「英語が出来ないから就職できん」って状況もそんなにないもん。

今回の企業のブースも外国企業が多かったな〜
うちもそうだけどさ。

しかも向かいが前職の会社・・・
同期入社の子がいて「戻っておいでよ〜前より給料安いけどね!」だって、無理。
中国経済は景気が良いのか悪いのか。
素人が足を突っ込めるとこじゃないな・・・とは思う。
これは4年間、ふつーの市井の人として住んでみての実感。



posted by akanas at 02:22| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

芍薬

hana.jpg


だよね?牡丹じゃないよね?

ん?しゃくなげ?

花の名前に疎いんだ。

近所に咲いていて綺麗だったのでパチリ。

中国らしい艶やかなお花。

posted by akanas at 23:28| 大連 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいいのか?

近所の薬屋のイベント用に設置されていたコヤツ。

いったい何の動物なのだろう?
キリン?
でも首短いよね?

おそらくお金入れたら鼻の上の電気が点灯するのでしょう。

fushigina doubutsu.jpg


なぞの動物の後ろに写っているのは郵便ポスト。
今ひとつ信用できなくてポストは利用したことがない。
posted by akanas at 23:25| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

光陰矢の如し

もう1年の折り返しに入ったね。

早すぎ。
いや
速すぎ。


大連は今頃の季節が気持ちいい。
ポカポカしていて風が爽やかで。
でも、去年は雨が多かったんだよね。


ここに住んで仕事をしている上で残念なのは、1年のうち半分がどんよりした冬空なこと。
やっぱり気候と気持ちは連動するね。


最近行った当たり。

お好み焼き屋さん。
神戸の人が経営してるらしい。
お好みよりも山芋焼きが美味しくて感動した。
「山田屋」

カジュアルな創作料理屋さん。
富山が本社らしい。
アジア料理が食べやすくアレンジされていて、パスタも美味しかった。
老舗某イタリアンより美味しいかも。なんちて。こんなんばれたら店長のたこやに怒られちゃうな。
日本酒も色々あったから来週は飲める人とまた行きたいなぁ。
「幻」


ここでは新店舗は開店してすぐに行くに限る。
日本だと開店間もないとサービスが行き届かないとかのデメリットが多いけど、中国では開店間際がオススメ。
理由は簡単。
開店間際は料理人やスタッフなどが日本から出張で来てたりするから味も最も日本人に合うしサービスも良いから。
これが少しずつローカライズされていって、しかもそれが中途半端で日本人にも中国人にも受け入れられない店に変貌していく。
何度もそんな店を見た。
一時気に入っていた焼酎屋さんも、もう行くことはないと思う。
バーカウンターにシェフ服着た人立ってるんだよ?!
店中が油臭だし、音楽はスーパーでかかってるようなムード音楽・・・もう心底ガッカリ。
望むらくは新しいお店にはそうならないで。
「中国ではこうです!」って中途半端に現地化しちゃうから現地の富裕層にも受け入れられないんだよ・・・日本側が出資してるんだったらこだわるところはこだわり続けてほしいな。

posted by akanas at 02:37| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

杭州行ってきた

出張でね。

で、1日時間いただいて観光もしたのよ。

杭州には添乗で行ったことは何回もあるんだけど、いつも寒〜い寒い1月とかのツアーで寒くてどんよりした時に行っていたんだ。今回は小春日和のポカポカした陽気で西湖を散歩してても最高に気持ちよかった。
桜や迎春花も咲いていて。

ひとりぼっちの観光だったけど大満足。

またゆっくり散歩したいな。

杭州はこんなとこ

xih.jpg

・西湖は水は汚いけど景色は綺麗。
・西湖の柳の新芽が美しかった。
・アヒルの舌はうまい。
・紹興酒は安くてうまい。
・シルク城は城という名前だけど城はない。しかも工事中。
・米は恐ろしくまずい。
・近郊に観光地がいっぱいある。
・さすが観光都市、みんな観光客慣れ?ずれ?してた。
・延安路はなかなか便利な都会の雰囲気。(あくまで中国国内比)
・久しぶりたくさん自転車見た。
・方言は全く持って聞き取れないレベル。
・杭州の人は親切だったけど、声は馬鹿でかい。
・ホテルは安いところも結構あるし、安くても綺麗だったりする。
・日本人は少ないらしく、香港人やアメリカ人に間違われる。
・タクシー高い。

出張に行くと、中国語を良く話すし、というか中国語しか話さないので疲れるけど、勉強にもなるな。と思った。

帰りは飛行機が機材不良で欠航。霧で遅延。
アメリカ旅行から帰ったような、ぐったり加減。
まだ足がむくんでるよ。

で、今週は激務。
またもプールやジムは遠のくのであった・・・
posted by akanas at 23:33| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

洗濯

中国では洗濯機はまだ贅沢品だ。

高級マンションに住んでいる日本人の方々は、そんなこと思ったことはないだろうけど、ローカルアパートに暮らすわたしが見る庶民の生活の中では、少なくとも高級品だ。

夏は近所の井戸から汲んだ水で、お外で昔なつかしの洗濯板に固形の大きな洗濯石鹸で近所の人がおしゃべりしながら手洗いしてるのを毎日のように見かける。本当に井戸端会議です。

この寒い冬でも、手洗いが基本。さすがに外では見ないけど、脱水されていない絞っただけの洗濯物から水滴がぽたぽた垂れながら外に干しているのは見かける。この寒いのに外に干すのも驚きだけど、少しでも太陽があると外に干しているんだよ。
湯沸し器がある家は、まだいいけど、ない家はもっと大変だろう。

そう思っていたら、先日生徒からいいことを聞いた。
1・5ℓとかのジュースのペットボトル。
あれを取っておいて、水を入れて、暖房の上においておくのだ。
熱湯にはならないけど、少なくとも冷水よりは暖かい。
ぬるま湯といったところ。
わたしも4本のペットボトルを使っている。
ちょっとした洗物にも使えるし、重宝。
生活の知恵だよね。

うちは大家さんに交渉して、とっても小さいけど洗濯機を買ってもらった。
(こちらでは賃貸物件は、家電・家具は基本的に大家が購入したものが備え付けてあってそれを込みで借りる。外国人にはいいことだよね。こっちで家電買っても帰るとき困るしさ)


でもね、この洗濯機も曲者なの。
あんまり汚れが落ちないんだよね〜
洗剤の水どけも悪いし、汚れもあまり落ちてない気がする。
ので、今までは前日に洗濯槽に水を張って洗剤はお湯で溶かして投入して、その中に一晩付け置き・・・なんて面倒なことこの上ない。まるで全自動の意味がない。

今は、件の生徒から聞いた方法でぬるま湯を使って、洗剤はやっぱり不安なのでお湯で溶いて投入+カラーブライトも入れて。
まぁちょっとは手間が省けたかな。一晩待たないしさ。

そんなこんなで、こちらで白い服を着るのは、空気も汚いし、バスも、タクシーもあまり綺麗じゃない上に、洗濯機もこういう状態なので、オススメしません。


だからこっちの人はみんな濃い色の服が多いのかなぁ??
これも生活の知恵?


あ、すっかり忘れてました。

昨日で、このBLOGも1周年です。
こんなに長く続くとは思いませんでした。
自分のだらしない生活を書いていくのは恥ずかしかったり、また仕事で落ち込んでる時には書くと更に落ち込んだりと、色々ありながらも続けてこれたのは、こんな拙いものでも、読んでくれている方がいるからに他なりません。(しかも今見たら中国からアク禁なのに毎日必ず100は越えてますもん)
ありがとうございます。

しかし、今日の傑作検索ワード「OL夜の生活」
いや、いたって普通ですよ。あはは
こんなこと知りたい人いるんだね。NETの海はまだまだ深いようです。
posted by akanas at 01:21| 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

四川の火鍋

中国語の「火鍋」ってつまり、鍋料理って話は前にも書いた気がする。

わたしはその中でも「重慶火鍋」とか「四川火鍋」ってのが大好き。
辛くて痺れる。

「痺れる」は中国語で「麻痺」の「麻」。覚えやすいでしょ?
「辛くて痺れる」のは「麻辣」と書いて「まーらー」。

この味が大好き。
辛くないスープも選べるんだけどね。
わたしは断然赤いスープ派。
紅湯と白湯なんて言って、お店によって名前は違うんだけどさ。

中に入れるのは、太いマロニーみたいのとか、白菜、春菊、ほうれん草、豆腐を圧縮して薄く切ったような豆腐皮、凍らせた豆腐の凍豆腐、冬瓜、羊肉の薄切り、ホルモン、豚の血を固めたものなどなど。
他にもいっぱいあるんだけど、わたしの好みではこんな感じ。
あ、ジャガイモも美味しいよね。

それを唐辛子と山椒がたっぷりのスープに入れて食べます。
そのままでももちろん味はしっかりついてるんだけど、それをゴマペーストにつけて食べると更に美味。


なんだけど、
食べると絶対に翌日はトイレとお友達。
ということで、
本日はトイレと仲良しでした。へへへ
posted by akanas at 00:19| 大連 | Comment(4) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

はいじん?

わたしのアシスタントちゃん・・・@


今までに3回も泣かしちゃったことのある非常識なんだけどプライドは人一倍高く、努力家なんだけど野心家ではないアシちゃん。

元は通訳で採用したんだけど恐ろしいほどのヒアリングの弱さ・・・
今は通訳に返り咲くべく日本語勉強中だ。

日本語国際1級は既に取得しているがヒアリング、スピーキングともに、
よくこれで1級取れたな・・・というレベル。
採用に際してはわたしもKさんも反対したんだけど、上司は気に入ったようで即採用。


結局、使えず。
通訳ははずし、わたしのアシちゃんをやってくれている。
彼女の日本語能力UPのためにも、日ごろから彼女との会話は日本語を使うように心がけている。

でも最近はエクセルもワードも少しずつ使い方を教えた甲斐があって、いろんな仕事が楽しくなってきたというかわいいアシちゃん。


ア「質問があるんですけど・・・」
さ「何?」
ア「松尾芭蕉についてなんですけど・・・」

来月に通信教育で受けている大学の試験があるそうで。
松尾芭蕉を勉強しているとのこと。

いくつかの俳句の意味や解釈について質問される。
一つ一つの単語を丁寧に解釈し説明する。

ア「ところで何故この松尾さんは旅の途中で俳句を詠むのですか?」
さ「・・・・・・・・俳人だから?」
ア「は?はいじん????」

明らかに廃人と思っている様子で怪訝な表情の彼女。

俳人について広辞苑を見せてあげる。


さ「なんで?って言われてもねぇ・・・歌手は何で歌を歌うの?」
ア「仕事だから?お金持ちになるじゃないですか!」
さ「・・・・・・・そ、そうだね」



お金儲けは悪いことじゃあないですけどね。

俳句の前に学ぶことがあるような気がする・・・・・

posted by akanas at 23:18| 大連 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

イライラ

どうしてもダメみたいだ。

最近同僚と決定的に気が合わない。


わたしの頭が固すぎるのかなぁと思う時もあるけど、
彼の中国語で話す時の態度と日本語で話す時の態度の違いすぎることにイライラする。

でも日本人の上司はひとっつも聞き取れないから、
わかんないんだろうなぁってますますイライラする。


でも中国人の他の同僚は彼と仲良くして置けば安心って感じで、
奴に取り入ってるんだよなぁ・・・

もううんざりする。


きっと近いうちに我慢できなくなりそう・・・

はぁ〜
posted by akanas at 23:07| 大連 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

トイレ革命

中国のトイレってすごいんですよね。


公衆系ね。ホテルやレストランは綺麗だから、ご安心を。


あ、会社でいつものように休憩中に食事しながら読もう!って方は、ちょっと気をつけて!あまり想像力働かさないように読んでください。)



最近はもう改善されつつあって、大連ではそういう高レベルなやばいのにはなかなかお目にかかれないのですが、


「こんな汚いならいっそのこと屋外で自由にさせてくれ!」


と思うようなトイレも田舎にはけっこうあります。


 
だって外で、そよそよと風に吹かれながら、

こっそりするのは気持ちいいじゃない?




今まで、一番すごいのねぇ・・・・はぁ〜

と思ったのは、シルクロードの方面へ仕事で行ったときの、

ガソリンスタンドのトイレ。


入り口には「男」「女」のいかにも手作りっぽい布に手書きの暖簾がぺろーんと下がってます。

まぁ一応男女別にはなってます。


が、


あるのはただの溝。

ちょっと斜めになって、たぶん大小たまらないようになっている溝。
(かなりたまってたけどね。)

壁なし、扉なし、ということは個室ではない。

一瞬どうやってどこにしていいのか?わからなくなります。




つまり、前方の方の生尻を眺めながら・・・・というもの。



さすがに日本人同志、っていうかなじめないし、

一人ずつ順番に入りました。入り口で見張り番しながらね。


だからね、


五輪に向け「公衆トイレ革命」を実施 北京(人民日報)
http://www.people.ne.jp/2004/11/19/jp20041119_45322.html



すばらしい志やけど、

何か間違っていやしないか?










あーーーーーーーーっむ
てんとうむし.jpg




かわいいけどさ・・・・


日本でも何だか間違ったトイレ沢山見かけますけど、

(金で出来たとか、グランドピアノがあるとかね・・・)

中国も金をかける部分が何か・・・


でも可愛いトイレや、綺麗なトイレが増えると、

みんなのマナーも向上するかな?!


posted by akanas at 22:38| 大連 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

すり

携帯をすられました・・・・

まぁ自分の不注意なので仕方がないのですが・・・


うーーーーん

やっぱりショック!

しかもむかつく〜〜〜〜


あ〜〜〜〜



いままで中国でスリとか置き引きとかの被害にあったこと

なかったのですが、

やっぱりいるんだよね〜


はぁ



と言う事で、

明日の午後には手続きしてきますので、

それまでは携帯電話は通じません。

番号は今までと同じです。


わたしの友人の皆様、

緊急の場合はメッセンジャー、もしくは自宅電話へ。


今まで、スリに遭ったりしていた人を、

心の中であざ笑っていた罰が当たりました・・・・


え〜〜〜んたらーっ(汗)


posted by akanas at 23:57| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。