2006年11月17日

戦わずして


勝つ。

外国で暮らしてると、
まぁ必然的にお役所に登記したり、
届出関係でお世話になることがある。

また、レストランやホテルで、
コンプレインすることもあるし、
市場で値切り交渉することもある。

様々な交渉せざるをえない場面があるわけだけど、
そういう時に、以前の私だったら、

はぁ〜?
何言ってんの、こっちの主張が常識!
グローバルスタンダードでしょ!
あったまおかしいよアンタ!

ってブチぎれることが多かった。


でももう5年目に突入して、
ある種のコツが見えてきた。
今でも大声を出して暴れることが功を奏するときもあるけど、これは芝居だからフォロー役の中国人とセットの時だけ。

戦っちゃダメだ。
相手の主張に巻き込まれて、
交渉ごとは長引くし、
主張が通らない確率が高い。


こういう時こそ、相手の話にじっくり耳を傾けて、出方を見る。
全く関係のない無駄話も根気良く聞く。ここで短気になっちゃダメなんだ。
愛想良く相槌を打ち、あくまであなた個人に恨みがあるわけでないことをアピールする。

その後、こちらも弱者であり、困っていることを伝えると、
あっという間に思い通りの方向に話は転がり始める。
きっと女であることも相当に役に立ってるとも思う。

今日も派出所と公安にちょっと用事で行ったんだけど、関係機関に電話を掛けてくれて地図まで持たされて、終いには玄関までお見送りされ、タクシーまで拾ってもらい、何かあったら俺を訪ねろよと言葉を掛けられた。

情け。
そんな簡単なもんじゃないけど、本当にこちらの皆様は情に厚い。

それを逆手にとるわたしは腹黒日本人。いひひ。
posted by akanas at 01:58| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27645555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。