2006年06月26日

外国語

週末に大型招聘会へ参加してきて、
思ったこと色々。

中国では今年の学生の就職率はとっても悪いみたい。

で、企業側の条件もそんなに良くなくって、
試用期間がやたら長かったり、
給与もとっても安かったり。

学生も労働法なんかに詳しくないから、
「まぁ働けるならいいか」って決めてしまう子もいるし。

わたしは学生の頃から先輩後輩の関係に慣れているし、
日本の大抵の学生は部活なりバイトなりで年上の人に慣れたり、社会って何かをぼんやりと理解したりするんだろうけど、人件費の安い中国では学生のアルバイトのスキマはあまり無く、地方からの労働力のほうがよっぽど安いのが現実。

8月から最低賃金が改正される予定だけれども、ちゃんと法を守っている会社ばかりじゃないだろうしねぇ。

でも、ここではやっぱり外国語を操れることによってチャンスの幅が広がるんだね。ってのも良く思う。

日本でもそうなのかもしれないけど、学生時代には実感なかった。
日本はやっぱりどんなに景気が悪いって言っても他国の企業や多国の経済に頼る企業以外の仕事もたくさんあるように思う。実際の生業的には頼っているんだろうけどさ。日常の業務では「英語が出来ないから就職できん」って状況もそんなにないもん。

今回の企業のブースも外国企業が多かったな〜
うちもそうだけどさ。

しかも向かいが前職の会社・・・
同期入社の子がいて「戻っておいでよ〜前より給料安いけどね!」だって、無理。
中国経済は景気が良いのか悪いのか。
素人が足を突っ込めるとこじゃないな・・・とは思う。
これは4年間、ふつーの市井の人として住んでみての実感。



posted by akanas at 02:22| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。