2006年02月23日

四川の火鍋

中国語の「火鍋」ってつまり、鍋料理って話は前にも書いた気がする。

わたしはその中でも「重慶火鍋」とか「四川火鍋」ってのが大好き。
辛くて痺れる。

「痺れる」は中国語で「麻痺」の「麻」。覚えやすいでしょ?
「辛くて痺れる」のは「麻辣」と書いて「まーらー」。

この味が大好き。
辛くないスープも選べるんだけどね。
わたしは断然赤いスープ派。
紅湯と白湯なんて言って、お店によって名前は違うんだけどさ。

中に入れるのは、太いマロニーみたいのとか、白菜、春菊、ほうれん草、豆腐を圧縮して薄く切ったような豆腐皮、凍らせた豆腐の凍豆腐、冬瓜、羊肉の薄切り、ホルモン、豚の血を固めたものなどなど。
他にもいっぱいあるんだけど、わたしの好みではこんな感じ。
あ、ジャガイモも美味しいよね。

それを唐辛子と山椒がたっぷりのスープに入れて食べます。
そのままでももちろん味はしっかりついてるんだけど、それをゴマペーストにつけて食べると更に美味。


なんだけど、
食べると絶対に翌日はトイレとお友達。
ということで、
本日はトイレと仲良しでした。へへへ
posted by akanas at 00:19| 大連 | Comment(4) | TrackBack(0) | 中国という国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に火鍋は慣れが必要ですよね、鴨腸もとても美味しいので好きです、洗濯機の件ですが、水道そのものが無いので井戸ポンプでやってるんですよ、重慶市大渡口区跳磴鎮山渓村。
Posted by 的士 at 2006年02月24日 23:37
的士さん:コメントありがとうございます。
水道そのものがないってすごいですねー。
電気はあるんですよね?
あ、でも農村部だと井戸のところも多いんでしょうね。前にドキュメンタリーで見ましたが、井戸どころか水の無いところもありますからねぇ。

うちの近所の井戸はバケツに紐をつけて汲むので、わたしにはなかなかまねできず、まだ挑戦したことがないんです。今年こそは井戸端デビューしたいなと思ってます。
Posted by akanas at 2006年02月28日 13:42
好久不見了。

わたしも赤いスープ派。
豆腐皮とか凍豆腐が好きです(豆腐ばっかりやん)。
港湾広場の近くの火鍋店はおいしいですよ。
(あ、広場に面した高級店じゃないです)

翌日のトイレでおしりが熱いです。
Posted by 花花牌子 at 2006年03月01日 11:04
お久しぶりです。
お豆腐好きなんですねー。
わたしは豆腐はあんまり好きではないのですが、このなべの時は食べます。

火鍋は出汁が決め手なので、それぞれのお気に入りがありますよね。
Posted by akanas at 2006年03月10日 15:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。